|何かとね、現在の若者からしたら「拘って生

何かとね、現在の若者からしたら「拘って生きる」事はどうやら格好悪い様です。
現在も「オタク」とか差別されて居ますね。
環境に悪い?だとか無駄使いしたくない?とか何か体裁の良い事を云って
自分の本心を他人に知られたく無い様で御座います。

さて、日曜日でしたが「ちゃっぷまん」さんよりメールが御座いまして
「遊びに行っても良い?」との質問
そう、なら斬り込み隊長宅にお邪魔したら?とご提案致しました。

おすすめ中古マンション
http://www.rokubou.co.jp/area/other23wards/eclair_garden_fujimigaoka.html


隊長もね「おう、何時でもどうぞ」とお招きを戴き
目出度く「お宅訪問」と相成りました。

二人でね、ちゃっぷまんさんが借りた代車
ダシの出切った660cc初代LIFEに乗り男の館に到着するので有りました。
「おう、ちゃっぷまんさん!是だろぅ?」
挨拶もソコソコに玄関に通されました。
そう、此の間 私が日記にしたロータス49の後ろに写って居た
小さな模型のバイクが見たかった様で・・・
「んじゃ、二階の部屋に行くか?」
途中の階段を上がった廊下にもRC−CARが鎮座して居まして
いよいよ、問題の部屋に到着したのです。