そういえば、西行を清盛の友人として登場させた真の理由が最終回になってようやく得心できるというのもにくい演出。最初から、これを狙っていたのか。

そして物語を彩る様々なモチーフ。

今様、遊びをせんとや生まれけん、双六、そして、和歌。

高揚する場面で流されるELPのタルカス。柿の木坂東豊エステート

もう書きたいことは山ほどあるが、なかなかせいりできないので、ここはとっちらかったままにしておこう。

NHKスタッフの皆さん、渾身の演技を見せてくれた俳優陣のみなさ。長い間、お疲れ様でした。心の底からお礼を言いたいと思います。

一年間、素晴らしいドラマをありがとうございました。