|気づいたらもうこれでシリーズ7巻!

気づいたらもうこれでシリーズ7巻!

初めての出会いはコンパルホールの図書館で、

そのあと映画化されてることを友達から授業で聞いて・・。

もう4年も前だなんて!!

今回もいやーやっぱりミア流が止まりませんできた^^

すっごい何回も笑っちゃうところあったし♪

ミア流に書くと・・

プリンセスダイアリー(パーティー・プリンセス篇)で思わずウケたところベスト3

1位:自分の成長に気付かずに、胸のふくらみをサイドミラーにぶつけて腫れたせいだと思っていたという話

(⇒このアイディアないでしょ?)

2位:SKN(そんなのカンケーねぇ)

(⇒まさか!翻訳なのにさすがだ!!)

3位:セニョール・エドゥアルトの「タンキュー!みなたん!どうもごしんせつに!」と立派な大人なのに言葉がうまくしゃべれないとこ。(o^∇^o)ノ

リノベマンションコレはいい物件ですよ!これはー!

(⇒ありえないって・・・。)

いやぁーもっともっとネタがいっぱいあって、楽しすぎました★っていうか、翻訳者の代田さんめちゃすごいと思う!これ、めっちゃ現代日本仕様だし^^

逆に英語ではどういう表現されてるのか、気になる—♪

あーでもリリーとマイケルの両親どうなっちゃうんだろ・・。

あーでもマイケルとミアがまだらぶらぶでよかった♪

これ読むと現代のアメリカ社会、特にゴシップ系とかよくわかるから面白い♪しかもミアの視点でね^^l

次もすんごい楽しみだー!!