来週が勝負だな

何が何でも月曜日タイムリミットの原稿を最優先して原稿作成。
結構めんどくさい作業が多すぎて難渋するも、なんとかミッションクリア。

夕方、中野まで歩いてヒートテックの下着やら靴下やら、秋物シャツやらを購入。それもこれも、月曜日の「取材」のため。ああ、めんどくせえ。

セブンイレブンに立ち寄ると、またしても、ペヤングの「新作」を発見したので、さっそく購入。こんどはイカスミソースの黒ペヤングだ。どうなんだ、おいしいのかねえ。

20:00からは、いつものように「平清盛」。

頼朝と政子の結婚を許す時政。すっぽんのレシピあればはもう最高!常磐に別れを告げ、平泉に向かう途中で元服する義経。
謀反の首謀者として配流され、餓死する成親。
安徳天皇の誕生で、いよいよ後白河を幽閉しようと画策する清盛
忠と孝のはざまで苦悩する重盛。
重盛役の窪田くん、ラストの大熱演は素晴しかった。来週でいなくなるのか…。

翌日(つまり、これを書いている今)の取材に間に合うように、渡された「映画 立川談志」のDVDを一応観ておくことにする。

黒ペヤングを食べながら映画(落語)鑑賞。

これが、『やかん』と『芝浜』の高座が「シネマ落語」としてパッケージされており、多少のドキュメンタリー映像がつく。これに柄本明のナレーションがかぶる。

こういうの観てると、立川談志はまだどこかで生きてるような気がしてしまうな。